逆転の発想外壁塗装だからこそできること
ホーム > 住宅 > 注文住宅のデメリットとは?

注文住宅のデメリットとは?

建売住宅か注文住宅かと言われると、やはり好きな家が建てられそうな注文住宅がいい!という人は多いはずですね。 でもやはり物事というのはメリットばかりではありませんね。 デメリットもしっかりと認識した上で、それでも注文住宅で本当に良いのかどうか、家を建てる前にしっかりと考えておく必要があります。 注文住宅のデメリットとして最も大きいのは、やはり金額が高くなってしまいがちだということですね。 特に色々とこだわっていると、いつの間にかものすごい金額になっていた…なんてことにもなりかねません。 それに、注文住宅であれば何でも希望通りにできる、という訳でもありません。 特に建築会社にとっては契約している業者からでないと選べない…なんてケースもありますから、特にこだわりがある場合は事前に確認する必要があります。 また、建売と違って注文住宅は実際に建ててみるまではわからない、という点が多いのもデメリット。 平面で見るのと立体で見る物の違い、実際の設備を置いてみたバランス…などなど、「ちょっとイメージと違った」という可能性は少なからずあります。 さらに、決めることが多い分契約まで時間がかかったり、打ち合わせも何度も行わないといけない…など、かなり時間や手間は取られてしまいます。 仕事で忙しくてなかなか打ち合わせの時間が取れない…という人には大きなデメリットですね。 でも、逆に時間をかけた分完成したときの喜びもひとしおです。 絶対に注文住宅!という強いこだわりがある方は、是非頑張って欲しいと思います!

ハーバーハウスの口コミ・評判・2chの評価・トラブルは?